いずれ皆死ぬ

殴り書き系発狂伝染ブログ(理想)

尻が滅裂

 

 

最近あった嫌なことが1000000000000個くらいあるんですけど、最近あった良いことが数個あるので書きます。「あっ、こんな嬉しい出来事があったな」と死にたくなった時に読む用に記録するだけなので面白みゼロです。私が面白かった時なんて生まれてから一度もないだろ!……死にたくなってきた…………死にたくなった時に「あっ、こんな嬉しい出来事があったな」と読み返して元気を出すために今から書こうと思ったのに、書く前に死にたくなっちゃった。どうしたらいい?知恵袋で聞いてくるね。知恵袋はクソ。

 

は〜い、書きま〜〜〜す。

 

 

いや、最近めちゃくちゃに水族館へ行きたいんですよ。もちろん1人で。「水族館デートしたーい♡」とかじゃないです。そんな女はイルカの餌になれば良い。言いすぎじゃね?言いすぎました、すみません。殺していいので許してください!

 

水族館へ行って、でっかいサメとか、でっかい亀とか、イルカとか、ラッコとか、イルカとかの水槽の前でずっっっっっっっっっと見つめ合っていたいです。まさか自分がこんな奇妙な大人になるだなんて、子どもの頃は思いもしなかったな。人生は最高。

 

子どもの頃からカラスが大好きだったんですけど、周りの人間のカラスに対する感情があまり良くないものだったので「カラス大好き!」とは言えなかったんですよね。子どもの頃は言いたいことが何ひとつ言えない人間だったので。本当に残念な子ども時代だったなぁと、大人になった今は自分自身そう思います。育った環境のせいにするのはイヤなのですが、完全に育った環境のせいなので言うんですが、言いたいことが言えない、言わせてもらえない、言いたいことを言ってもらえないという環境、関係の家庭で育ったので、つい最近大人になるまで言いたいことが全く言えない人間だったんですよね。歩く屍でした。言えないというか、もう言えない、言わないのが当たり前すぎて、長年のすり込みと言いますか『言いたいことを言って良いわけがない』という考えが無意識の中で確立されていたんですよね。自分で言っててさすがに不憫になってきた。こんな子どもがいたらさすがに可哀想だろ〜がよと他人目線になってきちゃいました。ドンマ〜〜イ!!!!!

 

自分の言いたいことを言い、相手も自分の言いたいことを私に言い、言ってもらえて、そのあと再度「言いたいことはちゃんと俺も言うから、お前もちゃんと言ってね」と言われ、呪縛と表現すると大袈裟なんですけど、呪縛が解かれていくような感覚があったんですよね。『言いたいことを言っていい』という文字にすると当たり前のことがずっと出来なくて、もうアレでした!(?)

 

自分で自分が何が言いたいか分からなくなって投げ出しちゃうやつ、よくやります。さっきも「アレがアレでアレだよね」と言ったら相手に「???」と言われました。ドンマ〜〜〜イ!

 

で、

で、言いたいことを言ってね〜と言ってくれたのが恋人でして。もう仏、仏なんですよ。私は仏様と付き合ってます。いや「仏……?」と聞いたら「仏じゃないよ」と言われたんですけど、どうやら自分が仏だという自覚のないタイプの仏様のようです。天然か?私が支えなくちゃ!毎日お供え物しなくちゃ〜〜〜!

 

いや本当に、私のそういう育った環境ゆえの性格の成り立ちみたいな、歩く屍のまま大人になってしまった私に根気強く向き合ってくれる仏でして、本当に仏様でしかないです。仏 × 歩く屍 です。夏コミ出ます。

 

 

 

というわけで、夏コミの宣伝の記事でした。暑いから水分補給しっかりしな〜〜〜〜〜!ありがとうございました。

 

 

 

 

Twitter → @izration